So-net無料ブログ作成
検索選択

消費税増税 いつから 決定 10月 今後 判断材料 [ニュース]




消費税増税はいつからでしょうか?
安倍晋三首相は、10月1日に記者会見で、
来年2014年4月から消費税率を8%に引き上げる決定を発表した。
判断材料はなんでしょうか?今後の経済はどういう流れになるだろうか?





abe-shinzo.jpg
安倍晋三首相

ついに決定しましたね。いつから消費税増税されるか、気になっていた国民は多いでしょう。
2014年4月に8%、2015年10月には10%へと、
引き上げられる見込みです。

では、引き上げの判断材料は何だったのだろうか?
2020年のオリンピックが関係しているのか?
それとも、9月9日に内閣府が発表した、4-6月期のGDPに関係があるのだろうか?

■消費税増税は、2020年オリンピック開催が引きがね??
確かに、東京オリンピックの開催が決定し、
経済効果は最低でも3兆円と言われる。
経済効果が3兆円という根拠は、
東京都内は1兆5676億円東京以外の地域が1兆2666億円
合計2兆8342億円という試算からである。

olympic-rings-on-white.jpg


東京モノレール東海道新幹線首都高速等のインフラが整備される見込みだ。
それが後押しをしたのか?

■8月のGDPの速報値2.8%(前期比年率換算)から3.8%増と大きく伸びた。(9月9日発表)
9月9日に内閣府から発表された、4-6月期のGDPは、速報値より大幅に伸び、
3.8%へ伸びました。
これを喜び、政府は景気判断を「緩やかに回復しつつある」としてしまった。

また、消費税増税による今後の流れ、状況はどうなるの?

■消費税増税による、マイナスな展開
消費税増税によって、景気が悪くなるというシナリオ。
日本や他国の過去の増税を考えてみよう。
日本:1997年に3%から5%に引き上げ⇒景気は悪くなった。
イギリス:2011年イギリスが17.5%から20%へ引き上げ⇒好景気が失速した。

■消費税増税による、プラスな展開
消費税増税のメリットは、国債の信用度が増し、金利を低く抑えられることである。
その他にも、財政の柔軟性、継続性が増すということである。

増税により、税収が安定してこれば、
必要性が叫ばれているものに予算が割り当てられる。
老朽化したインフラの整備できたり、教育制度の改革したり、社会保障の拡張できたりすると
言われている。
本当かな??

いずれにしろ、消費税増税は決定したので、今後の展開に注視したい。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。