So-net無料ブログ作成

アメリカ シリア ミサイル [国際]

アメリカ政府は、シリアの化学兵器使用の疑念からアサド政権への攻撃を検討している。
「早ければ29日に、アメリカはシリアに対するミサイル攻撃が開始される可能性がある」と伝えられているが、
今後はいかに・・・・
アメリカは、シリアを攻撃に際して、ミサイル攻撃の可能性もあるのか?

アメリカのヘーゲル氏は、米軍がシリアへのミサイル攻撃が可能な地中海東部に、
駆逐艦4隻を展開していること等を念頭に「大統領が望むあらゆる判断に従うことができる」と述べた。

ただ、シリア反体制派は標的となる軍事施設に多数の政治囚や捕虜が収容されている可能性がある
という指摘もでてきている。
こうした施設が、アメリカのミサイルで攻撃されればどうなるのだろうか?
そう、多数のシリア市民が犠牲がでてくるのは間違いがないだろう。
一方、アサド政権は、なんと攻撃対象になり得る施設からの退避を進めているらしい。
ということは、政治囚らは施設内に残されている。
シリアでは今年6月時点で、推定21万5000人が政府施設に拘束されている。
そのうち約8万人は、反体制運動に参加した疑いをかけられる等、政治的な理由で情報機関に突然拘束されおり、行方不明者扱いになってとのこと。

第三次大戦が始まるならば、中東からという意見が的中しないことを
願うばかりである。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。